使える最新Webマーケティング

Read Article

ウェブマーケティングを成功させる上で一番重要なのは、トリプルメディアの中でもオウンドメディア=自社サイトです。

ウェブマーケティングを成功させる上で一番重要なのは、オウンドメディア=自社サイトです。

"Marketing" sign on glass door

何故自社サイトのことを、ウェブマーケティングではオウンドメディアと言うのでしょうか?

何故メディアという言葉が付くのでしょうか?

一般的には、メディア=媒体という考え方をされていると思います。
すなわち、テレビ、新聞、雑誌、或いはウェブポータルサイトなどを指すと思います。

しかし、現在ウェブにおいては様々なメディアが出てきたことから、メディアの捉え方を見直さなければいけません。

例えば今皆さんが使っているFacebookやTwitter等々のソーシャルメディアと言われているメディアは、どういうメディアなんでしょうか?

ソーシャルメディアもその利用法によって、例えばソーシャルメディアに、例えばFacebookにアカウントを取って、情報発信していく場合と、Facebookで広告を掲載する場合とでは、少々意味合いが違いますね。

同じソーシャルメディアと言われている中でも、捉え方によっては全く意味合いが違います。

この考え方に沿って、ウェブメディアをもう一度整理し直すと、自社サイト/ホームページは、自らが所有するメディアという考え方になります。
そういう考え方に沿って、自社サイトを再度定義すると、オウンドメディアということになります。

オウンドメディアは、広く捉えると、企業の商品/商材/サービス、店舗や社員、商品やロゴやパッケージ等々企業が持つ様々なもの全てが、オウンドメディアなわけです。

そのうちの一つが、自社サイトという事です。

オウンドメディアに対し、企業が購入し情報発信するメディアが、ペイドメディアです。

オウンドメディアは、自身がメディアとなっって情報発信していくわけですが、ペイドメディアは第3者のメディアを使って情報発信するわけです。

ペイドメディアは、テレビや新聞や屋外広告、ウェブ広告(ディスプレイ広告=バナー広告や、リスティング広告=検索連動型広告、またソーシャルメディアにおける広告(Facebook広告等))がそれに当たります。

従来のメディアは、大きくこの二つでしたが、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の台頭により、ソーシャルネットワークサービスを利用したメデイア=ソーシャルメディアが、第3のメディアパワーを持つようになりました。

これが、アーンドメディアと一般的に言われているものですが、具体的にこのメディアは、信頼や絆を醸成するメディアです。
ブログもこれに該当します。
昔からある口コミもこれに当たり、ソーシャルメディアがデジタルな口コミと言われるのも、それが所以です。

この、オウンドメディアペイドメディアアーンドメディアが、ウェブマーケティングで言われる「トリプルメディア」です。

見出しにも書いた通り、このトリプルメディアの中でも、一番鍵となるのがオウンドメディア=自社サイトです。

メディアとしての単体での訴求力はないですが、このメディアがしっかりと構築されていないといけません。

理由は、ペイドメディアアーンドメディアも、トリプルメディアを活かすためのメディアであり、単体だけでは機能しないためです。

そういうわけで、オウンドメディアがどれだけ大切か?ご理解いただけたのではないでしょうか?

このウェブマーケティングにおけるメディア論に関して、もう少し掘り下げて解説していきますので、続編をお楽しみにしてください。

この辺り、もっと詳しく知りたい方は、個別にあなたのビジネスに沿って具体的に分かり易くご説明致します。

この件でのお問合せ、ご相談は、お気軽に以下のフォームよりご連絡頂ければ、顧客応援隊からご連絡させて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

「顧客応援隊」とは?

企業のマーケティングを全面サポート!コンサルティングは、様々なポイントを分かり易く実践的にビジネスサポート。特に最新のWebマーケティング、その中でもWebをコストに終わらせずに売上に結びつける手法を提供しています。

詳しくは以下のリンクをクリックして下さい。
http://c-ssup.com/vp/?p=449

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top