使える最新Webマーケティング

Read Article

マーケティングにおいて、ビッグデータを使いこなすための5過程!

顧客応援隊ロゴ

 

マーケティングにおいて、ビッグデータを使いこなすための5過程!

マーケティングの世界においてデジタル領域の幅が広がってきました。同時に、効果的なマーケティングを展開するためには、ウェブに限らずオフラインなどにおいて顧客との接点を作り、データをもとにマーケティングへとつなげる必要があります。「テレビやPC、スマホ、タブレットなど様々な接点があり、どの接点にどのように触れるかというカスタマージャーニーが違います。それらをどのように分析するか?デジタルを中心とした戦略が重要となって来ます。

今マーケティングアナリストこそ、効果的なアナリティクスのためにビックデータを活用することが求められています。クリエイティブだけではない、マーケターのスキルが問われています。「ビックデータを考えることで、潜在的な顧客層が見えてくる。サイト内の動向やリファラーなどにユーザーを紐付け、Facebook情報やCRM、コールセンター情報、アンケート集計結果そして外部データなど、様々なデータを掛け合わせていくことで、リッチな顧客情報が浮かび上がってくる」と言う事をしっかりと認識する必要があります。
ビックデータをマーケターが使いこなすためには、5つのプロセスが必要です。

1つ目が「取り込み」。いかにデータを集めていくか。スモールスタートして必要なデータを収集し、管理保管しアーカイブしていくことが重要です。

2つ目は「蒸溜」。加工できるほどのデータ量が集まったら、そのデータをもとに“インサイト”(消費者の本音)を丁寧に導き出す

3つ目は「キュレーター」。導き出したインサイトの情報を編集し、パッケージ化することがポイントです。

4つ目は「広める」。編集された情報をビジネスオーナーやステークホルダーなどに提供し、スムーズな意思決定のための情報を提供します。

5つ目は「最適化」。マーケターは新たに得たインサイトをもとに、テスティングの最適化として利用します。さらに、インサイトをもとに新しいソーシャルキャンペーンを見直したり、インサイトを使って広告作成と出稿の最適化を実施したりすることが可能となります。
「これら一連のプロセスを踏まえることで、ビックデータを元にしたマーケティングに最適化された情報として活用することが出来るようになると言えます」

また、テレビ、PC、スマホ、タブレットといったデバイスの進化によって情報量は増加しており、情報環境の変化に対してマーケティングも進化していかなければいけません。「調査によると、昨年1年間を通じてビデオによるエンゲージメント率は42%から72%にまでシェアが増加。ビデオコンテンツの充実によって、ユーザーのエンゲージメントを高められることがはっきりして来ました」
とにかく、ビッグデータブームに踊らされる事無く、しっかりとデータサイエンティストとして、コンサルティング出来る事が重要です。

http://c-ssup.com/

Loading Facebook Comments ...
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top